<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 イチオシだよ♪
 しみ漂白成分
 姉妹サイト
 しみ美白
<< インデナ社製ノコギリヤシの輝寿パルメットの評判は main オムロン電気治療器HV-F5200が10日間無料で試し >>

毎日、テレビや新聞、雑誌など見ていると欲しいものや気になるものがたくさんありますね。さすがに全部は買えないけど日記に書いて発散。最近はアンチエイジング関係がやっぱり気になるまする。


【主婦のイチオシ】


シミが消えた!くすみがとれた!スーパー美白スキンケアb.glen
↑  ↑  ↑
遂に待望のトライアルがでました!試す価値ありです。
あの野本のぷち卵油は手づくり自然食友の会から無料サンプルもらえる
野本のぷち卵油の広告が気になったので調べてみました。

卵油というのは聞いたことがあるのですが、実際にいったいどんなものなのか。。と思って。。
健康に良さそうということは分かりますが。。

野本のぷち卵油派卵かr生まれた、日本古来伝統の健康食だそうです。
確かに昔は、今のように卵を何時でも食べられるって事はなかったと思います。
私の子供のころでさえ、そんなに毎日は食べられなかったのです。。
(わ〜〜年齢がばれてしまう。。)
その卵を使った卵油は、卵の黄身を長い時間かけて焦げ付かないように、でも、黒く焼きながら炒りあげていったところから「卵油」が煙の中から湧き出した。
口にしてみるとなかなか良い、やがて、そのつくり方だけが伝わり残ったのだそうです。

ですが、さっきも言ったように、卵は貴重品で、高価だったので、それほど作られることもなく、埋もれようとしていたのだそうです。

それを、手づくり自然食友の会の野本さんが復活させたらしいのです。
なかなか簡単に作れるものではなったようです。

苦労して作られる野本のぷち卵油は健康維持、元気な生活をすごすための伝統健康食として広く愛されているのですね。

この、野本のぷち卵油は材料にもこだわって、卵は富士山麓の大自然が育んだ直営“たまご拾い牧場”の自然放牧卵を使っているそうです。

懐かしいです。私が子供のころ、近所の家が、畑に鶏を放していました。
あちこちに産み付けられた卵を拾って歩くのが子供のころの楽しみでした。

田舎なのでね。。つい最近の?のことよ。
本当だって!!

【今日の口コミ豆知識】
 イチオシだよ♪
 しみ漂白成分
 

※濃くなったシミを薄くする成分は現在、ハイドロキノン以上に効果的なものはないそうです。

参考>>しみ漂白成分 ハイドロキノン詳細(ビーグレン公式サイトより)